株式会社マスタービルド

防音工事価格表

簡易測定・お見積りは無料

防音室を計画する上で大切なことは、遮音、吸音、防振、制振の4つがしっかりバランスよく機能していることです。バランスとは目的に応じて異なり、ライブにもデットにも変化し、例えば今まで使っていた音響機器が当社の防音室では生まれ変わるのです。

お客様によっては「外の音を全く聞こえないようにしたい」等ご要望は様々です。ご要望によって仕様や費用も変わります。ご自身がどのくらいの防音を望んでいるのかを当社へご相談ください。

用途による防音クラスの選択

B(ベーシック)防音

D-25~35

  • 昼間のピアノ練習をもう少し近隣に対して静かにしたい。
  • 夜中までテレビやビデオを見るので周りの部屋への防音をしたい。
  • 道路が近くてうるさいので、静かな部屋にしたい。
  • 受験生を静かな部屋で勉強させたい。

A(アドバンス)防音

D-35~45

  • 近隣をあまり気にせずピアノを練習したい。(ただし、夜は弾かない)
  • 夜でもそこそこの音量でCDやDVDを楽しみたい。
  • カラオケを楽しみたい。(ただし、夜はしない)
  • 用途を考慮した残響調整が可能。

S(スペシャル)防音

D-45~55

  • 夜でも本格的なピアノ練習をすることが多いので、周囲へ充分な防音をしたい。(ただし、深夜は弾かない)
  • 夜でもCD、DVD、カラオケを楽しみたい。(ただし、深夜はしない)
  • 用途に合わせて残響音を調整出来ます。

クラス別 防音工事価格表

下記は、マンション及び戸建住宅の居室内に設ける場合の価格の目安になります。

現状の部屋の広さ B 防音
D-25~35
A 防音
D-35~45
S 防音
D-35~45
4.5帖 108万円 140万円 203万円
6帖 121万円 155万円 225万円
8帖 150万円 185万円 277万円
10帖 173万円 231万円 347万円
12帖 185万円 254万円 381万円
14帖 196万円 277万円 444万円
16帖 208万円 306万円 462万円
18帖 219万円 323万円 520万円
20帖 231万円 347万円 578万円

●上記工事費に含まれるもの・・・ 電気設備工事及び換気設備工事
●上記工事費に含まれないもの・・ エアコン、カーテン、消費税

  • 現場調査によっては(既設建物の構造、窓の大きさや箇所数)工事費は増減いたします。
  • ドラム、エレキギター、エレクトーン演奏でS防音以上の性能を有する防音室も御見積いたします。
  • S防音以上で防音室の仕上り面積は現状室内面積よりも15~18%狭くなります。
防音工事の流れ

防音工事の流れ

お問い合わせから竣工までの流れをご紹介します。
防音工事の価格表

防音工事の価格表

簡易測定・お見積りは無料です。